チュートリアル

チュートリアル一覧へ

ポイント

チームの作成が完了したら、毎日の日報提出の始まりです。レポーターは、レポートを記載してください。

この操作が行える条件

対象機能 REPORT
権限 チームのレポーター
プラン 全てのプラン

レポートの開き方

レポート画面を開くためには、3つの方法があります。レポートを新規作成できるのは、各チームのレポーターのユーザーになります。

1.ダッシュボードの鉛筆ボタンから開く
ダッシュボードの各カードの右上に表示されている鉛筆ボタンをクリックします。

2.ダッシュボードのお気に入りから開く
ダッシュボードのお気に入りに登録されているカードをクリックします。

3.チームボードから開く
対象日付の未報告の〇をクリックします。

レポートを記入する

01.所感のテキストエリアに報告内容を記入します。

レポートを記入する
レポートは自動で下書きが保存されます。保存した下書きから再開したい場合は、チームボードから下書きを選択またはお気に入りを選択してください。

レポートは各項目ごとに、1000文字まで入力できます。(所感の右上の円が目安です)

02.報告提出ボタンをクリックします。

レポートを提出する
レポートは提出後、翌日に分析が行われるまでは、修正が可能です。分析が行われたあとは、修正できなくなります。

【入力補助】行動履歴コピー機能

行動履歴からコピーする

SFAのいずれかのプロジェクトに参加している場合、SFAコピーボタンが表示されます。対象報告日に登録されている行動履歴のうち、レポーターが担当になっている行動履歴すべてをコピーします。

REPORTテンプレートが「所感」の場合、所感のテキストエリアに行動履歴がコピーされます。REPORTテンプレートが「今回の業務」または「次回の業務」の場合、今回の業務のテキストエリアに行動履歴がコピーされます。

【入力補助】ファイル添付機能

レポートに関わるファイルを添付することができます。

01.添付するファイルをドラッグ&ドロップまたは、ファイル添付ボタンをクリックして、添付するファイルを選択します。
ファイル添付ボタン
ファイルを添付
ドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップ

02.添付したファイルは、コメントエリアの下に表示されます。「∨」をクリックすると、ファイルのダウンロードとファイルの削除が行えます。

ファイルの削除の場合、アラートが表示されますが「OK」をクリックすることで、削除が可能です。削除は即時反映されますので、削除対象か必ず確認した上で削除してください。
添付ファイルの操作

ファイル添付の注意事項

1つのレポートに添付できる件数 件数に上限はありませんが、一度にアップロードできるファイル容量の合計は5MBまでとなっています。
添付できない拡張子 ascx、asis、asp、aspx、bat、cfc、cfm、cgi、cmd、com、cpl、dll、exe、htaccess、htm、html、inc、jhtml、js、jsb、jsp、mht、mhtml、msi、php、php2、php3、php4、php5、phps、phtm、phtml、pif、pl、pwml、py、reg、scr、sh、shtm、shtml、vbs、vxd、pm、so、rb、htc

添付ファイルのプレビュー機能について

添付したファイルが画像ファイルの場合、プレビュー付きで表示されます。ファイル名だけでは内容が把握できない場合にも、画像のプレビューにより内容を把握することが可能です。
画像プレビュー

トラブルシューティング

レポートが開かない レポートを新規作成できるのは、各チームのレポーターだけです。ご利用のチームにおいての権限をご確認ください。
レポートの修正ができない レポートを修正できるのは、分析が行われるまでです。分析はレポート提出後、翌朝に行われます。
テンプレートを変更したい チームのアドバイザー権限の場合、チーム設定画面の「REPORTテンプレート選択」にて変更可能です。
ファイルが添付できない ご利用のプランに応じた、ユニットごとのファイル添付容量が設けられています。この容量を超えてファイルを添付することはできません。添付容量は「ユニット設定」画面をご確認ください。
資料ダウンロード