チュートリアル

チュートリアル一覧へ

チームボードの見方(アドバイザー)

ポイント

ダッシュボードまたはサイドメニューからチームボードに遷移します。チームの権限により見方が異なります。

この操作が行える条件

対象機能 REPORT
権限 チームのアドバイザー
プラン 全ての  プラン

チームボードの構成

チームボードの全体画面です。
 

  1. 画面切り替えタブ
  2. カレンダーエリア
  3. 検索エリア
  4. レポートエリア

  1. 現在表示されているチームボードが選択されています。
  2. チーム分析画面へ遷移します。
  3. チーム設定画面へ遷移します。
  4. チームメンバー画面へ遷移します。

カレンダーエリアは、報告の提出状態や既読未読などを一覧で表示するエリアです。初期表示では当日から過去1週間が表示されます。
自分がチームのアドバイザーかレポーターかで、表示する内容が変わります。
 
アドバイザーの場合

  1. カレンダーから、表示する日付を選択できます。選択した日付を基準に、前1週間が表示されます。
  2. 未報告数は、チーム内のレポーターがその日に報告していない人数を指します。
    カーソルを合わせることで、未報告ユーザーが表示されます。
  3. 未読数は、レポーターが記入した報告を自分が見ていないレポート数を指します。
    既読数は、レポーターが記入した報告を自分が見ているレポート数を指します。
    未コメント数は、レポーターが記入した報告を自分が見ているがコメントが記入されていないレポート数を指します。
    押下することで、対象項目をもとに検索することができます。

  1. プルダウンからチームを切り替えられます。
  2. メンバー名、所感、コメントの内容からあいまい検索ができます。
  3. 検索エリアを隠したり、表示させることができます。
  4. メンバー名であいまい検索ができます。
  5. 検索する日付の範囲を指定できます。
  6. 検索するレポートのステータス(未読・既読・未コメント)を指定できます。
  7. 検索ボタンを押下することで、設定した検索条件をもとに検索を行います。

  1. 表示されているレポートの件数です。一度に表示できるレポート数は50件までです。
  2. Freeプランの場合に表示されます。ユニットの権限がマスター、サブマスターの場合、アップグレード登録画面へ遷移します。
  3. 対象レポートのレポート画面へ遷移します。
  4. 対象レポートを書いたレポーター名とアイコンです。
  5. 対象レポートの報告日です。
  6. 下書き状態のコメントがある場合表示されます。他のアドバイザーの下書きコメントの場合も表示されます。
  7. 対象レポートの所感の冒頭が表示されます。

トラブルシューティング

1か月以上前のレポートが検索されない Freeプランで閲覧できるのは過去1か月前までです。Experienceプランにすると無期限で閲覧することが可能となります。アップグレードをご検討ください。
資料ダウンロード