チュートリアル

チュートリアル一覧へ

ポイント

複数の取引先をまとめて登録することができます。

この操作が行える条件

対象機能 CRM
権限 特になし
プラン 全てのプラン

取引先インポート画面を開く

01.サイドメニューから取引先をクリックします。

 
02.取引先一覧画面が表示されます。インポートボタンをクリックします。

取引先をインポートする

  1. 「CSVテンプレートダウンロード」ボタンをクリックし、CSVのテンプレートをダウンロードします。
  2. CSVのテンプレートに取引先情報を記入したら、「ファイルの選択」ボタンをクリックして作成したCSVファイルを選択します。
  3. 「インポート」ボタンをクリックします。

インポートエラーが発生した場合

エラーが発生した場合、エラーの詳細が画面下部に表示されます。エラー内容をご確認の上、ファイルを修正し再度インポートを実施してください。
エラーメッセージの表示

エラー内容ごとの対処方法

項目数が一致しません 余分または不足しているカンマ(,)がないか、入力に誤りがないかご確認ください。項目毎の区切りにはカンマ(,)を使用してください。金額や数値の入力で、カンマ(,)を使用しないでください。
必須項目です ヘッダー(CSVファイル1行目の項目名リスト)に[必須]と記載されている項目は、入力が必要な項目です。
指定された値を入力してください 「取引先区分」「取引レベル」「業種」は、画面に記載されている用語をそのまま入力してください。
〇文字以内で入力してください 入力された桁数が多いです。エラー内容に表示された文字数内での入力をお願いします。
〇桁の数字で入力してください 全角数字または数字以外が入力されています。エラー内容に表示された形式での入力をお願いします。
法人番号重複エラー 法人番号は、重複して登録ができません。

インポート時の名寄せチェック

取引先の重複登録を防ぐため、独自の名寄せチェックを行っています。重複の可能性が確認された場合、警告内容が画面下部に表示されます。
 
「警告を確認した上でインポート」をクリックすることで、インポートが可能です。同一の取引先でないか、必ず確認を行った上、インポートしてください。
重複のアラート
 
取引先重複チェックは、次の項目で行っています。

取引先名 法人格を除いた社名で重複をチェックします。同じ社名のデータが登録されている場合は、警告が表示されます。
電話番号 同じ電話番号のデータが登録されている場合は、警告が表示されます。

トラブルシューティング

ファイル選択で作成したファイルが表示されない CSV形式で保存されていない可能性があります。作成されたファイルの拡張子をご確認ください。
Excel形式で作成したファイルがインポートできない インポート可能なファイルはCSV形式のみになります。CSV形式で作成してください。
テンプレートの1行目の項目名リストを削除したらインポートができない ヘッダー(CSVファイル1行目の項目名リスト)はテンプレートを変更せずに、そのままご利用ください。
1回で登録できる件数は何件までですか? 1回のインポートで登録できる上限は1,000件までです。ファイルサイズ上限は1MBです。
資料ダウンロード